MOPA (Masako Ono performing Arts)

"From ancient to contemporary to future, dance as an art travels beyond time and space"

「古代から現代そして未来まで、ダンス・アートは時空を超える」 

小野雅子 ムクテーシュワル寺院 オディシャ州 インド インド古典舞踊 オンラインレッスン Masako Ono Mukteshwar Temple  India Odisha オディッシー オリッシー Odissi

Now MOPA conducts online lessons regularly so that you can learn from anywhere in the world, as well as video course where you can learn anytime using your free time.

現在モパでは、世界中どこからでも参加できるオンラインレッスンのほか、ビデオ教材でいつでも学べるコースがあります。

 

Masako Ono 

Masako is a Japanese Odissi dancer empaneled by Govt. of India ICCR as well as Dept. of Culture. She has performed and given lecture-demonstrations and workshops in more than 20 countries in the last 10 years.

Masako Ono has a dance studio called MOPA (Masako Ono Performing Arts) and has been teaching Odissi dance for more than 20 years, taken her students to perform globally. She is a certified YOGA teacher and currently teaching BODY & MIND conditioning class along with Odissi dance via online.

Masako started dancing at the age of 4 with modern dance of Martha Graham Dance, additionally trained in western classical ballet, hip hop, jazz and in Tokyo, Japan. In 1996, Masako joined NRITYAGRAM, the dance village in India where they create top class Indian Classical dancers in the world. Masako stayed there for 5 years horning her dance and acting skills by intensive residence program, where she learned Indian Classical dance (Odissi), Yoga, and theatre techniques and contemporary dance.

She has been selected as one of the “100 most respected Japanese in the world” by the Newsweek Japan in 2008, and NHK BS 1 has made a documentary film on Masako Ono in the series of “First Japanese” in 2007. Masako Ono currently performs Odissi and contemporary dance choreographies of her own derived from Indian classical dance form on yogic concepts and pan Asia themes besides Odissi dance repertoire.

 

小野雅子

インド政府公認のインド古典舞踊家ソロ・オディッシー(オリッシー)ダンサーとして活躍する日本人ダンス・アーティスト小野雅子は、NHKBS1の「ファースト・ジャパニーズ」で取り上げられたほか、「世界が尊敬する日本人100人」のうちの一人として選ばれるなど、彼女の舞踊表現は世界的に注目されている。

これまで、20年以上インド古典舞踊オディッシー(オリッシー)ダンスを多くの生徒たちに教えてきた。MOPA(MasakoOnoPerformingArts)というダンススタジオをインドに持ち、現在は、オンラインでオディッシー(オリッシー)ダンスの他、BODY&MINDコンディショニングをヨガやピラティス、ストレッチなどを取り入れて教えている。

幼少からモダンダンスやクラシックバレエ、ヒップホップなどを学び、東京外国語大学外国語学部インド・パーキスターン学科卒業後、オディッシーダンスのため、単身インドへ留学して15年。世界レベルのインド舞踊家を育成輩出するヌリッティアグラムのダンサーとして活躍の後、2001年にソロデビュー。

ワシントンのケネディーセンター、NYCのアジア・ソサエティー、インドではNCPA、INDIA・INTERNATIONAL CENTREやHABITAT CENTREにて、また日本やインドの首相の前でもダンスを披露している。

2007年にはオランダ、インドネシア、スペイン、ポルトガルのコンテンポラリー・ダンサーとのダンス・プロダクションに参加し、アジア5カ国にて公演。ヒンドゥイズムやヨガのテーマ、俳句の踊り(ヴィジュアル・HAIKU)、メディア・アーティスト、ファッションデザイナーとのコラボレーション他、様々なコンセプトで自らコレオグラフィーを手がけ、インターナショナル・オディッシーアーティスト、パン・アジア・コレオグラファーとして活動中。